コエンザイム詳細情報2

免疫機能の要、白血球を活性化する

免疫機能向上と抗酸化作用は抗がん作用につながる

コエンザイムは心臓にもっとも多く存在し、働きを助ける

コラーゲンの老化を防ぎ、新陳代謝を高める

精子の濃度と運動性を高める働きがある

歯周病改善に必要なエネルギーを作る

筋力アップと筋肉細胞の破壊を防ぐ

ミトコンドリアがエネルギーを生成するのに必要

ビタミンEの働きを助け、自身も強力な抗酸化作用

免疫機能向上と抗酸化作用はガンを予防する

健康な人で1日30mg、欧米では100mg〜300mg

働きが書いてある画像をクリックしていただくと詳細ページに移動します

現在地:TOP>成分名から効用を知りたい>コエンザイム詳細情報2

サイトマップ
このサイトについて
お問い合わせ

サプリメント図書館メインメニュー
TOP
症状別からサプリメントを探す
成分名から効用を知りたい
健康最新情報
サプリメントの基礎
サプリメントお店の案内
リンク
特集
コエンザイム詳細情報2

安全性は高いが、注意することもある

コエンザイム エネルギー効率が高まることはダイエットにつながる

コエンザイムには余分な糖や脂質は変える

身体のコエンザイムQ10の量が不足すると、ミトコンドリアのエネルギー生産効率が落ちるため、エネルギーの生成に必要な脂肪などが効率良く使われずに体脂肪として蓄積されてしまいます。

コエンザイムQ10の量が十分にあると、ミトコンドリアのエネルギー効率が良くなるため、脂肪などの栄養素は燃焼され、余分な体脂肪が蓄積されず蓄積された脂肪も燃焼され、減量につながるわけです

              ・コエンザイムと体重の関係 臨床試験

テキサス大学とアントワープ大学の共同研究でコエンザイムが体重にあたえる影響を調べました。
肥満の人に、適切な食生活とともに、コエンザイムQ10を摂ってもらったところ3ヶ月で体重が14%減らすことに成功したと報告されています。また、やせている人の体内のコエンザイムQ10の量が平均以上だったのに対して、肥満の人のコエンザイムQ10の量は平均の半分くらいしかないことがわかりました。
しかし、コエンザイムQ10のダイエット効果は、正常な体重にまで落とすことにあります。正常な体重よりもさらに体重を落とす不健康なダイエットには、コエンザイムQ10は効果を発揮しません。
足のむくみや、あしやせにもコエンザイム

コエンザイムが脂肪燃焼リパーゼを下半身まで運ぶ

ダイエットをした時に上半身はやせるのに、下半身はそのままということがよくあります。
余分な脂肪を熱にかえて放出する「リパーゼ」という酵素を作る「褐色脂肪細胞」というものがあります。この褐色脂肪細胞は肩甲骨や首、脇の下に存在します。脂肪燃焼にかかわるリパーゼは血液によって全身に運ばれるのですが、褐色脂肪細胞が上半身にあるため、上半身と比べ下半身に運ばれるリパーゼの量が少なくなってしまいます。

しかも、歩くなど足を使うことが少なくなっていますので、足の動脈が細くなっていることが、よりリパーゼ下半身まで届かない原因となっています。下半身までリパーゼが行き渡りづらいことが下半身やせを難しくしているのです。

コエンザイムQ10は足の動脈を広げる作用があります。このことにより、リパーゼが下半身まで運ばれ下半身の脂肪が燃焼しやすくなり、結果下半身やせにつながるわけです。

コエンザイムQ10はしわを浅くする

コエンザイムがコラーゲンの新陳代謝を高める

ドイツ、ハンブルグの皮膚研究センターらの研究により、コエンザイムQ10を添加したクリームを目元のしわに塗ってもらったところ、目元のしわが浅くなることが明らかになりました。

コエンザイムQ10が美肌効果に働く理由としては2つあります。
まずは、皮膚の新陳代謝を活発にする働き。「コラーゲン」が美肌に関係しているのが有名です。コラーゲンの新陳代謝が活発であるかぎり、肌の弾力性が保たれしわができることがありません。コエンザイムQ10は皮膚の新陳代謝を高める働きがあります。皮膚の新陳代謝が高まると、真皮中のコラーゲンを作る細胞「線維芽細胞」の活性が高まり、コラーゲンの新陳代謝が高まります。結果コエンザイムQ10が肌のシワを出来にくくすることにつながるのです。

コエンザイムがコラーゲンの老化を抑える

もうひとつの理由が、コエンザイムQ10 の抗酸化作用によるものです。
紫外線が肌に悪影響をあたえることは有名です。紫外線を浴びすぎると皮膚の中に活性酸素が増え、コラーゲンを老化させます。コエンザイムQ10の強い抗酸化作用が皮膚の中の活性酸素をなくし、コラーゲンの老化を防ぎます

コエンザイム 男性が原因の不妊症を解消する

精子の運動力を高める

男性が不妊の原因を作る要因として、精子の濃度が薄かったり、精子の運動が悪く卵子まで届かないことがあげられます。
コエンザイムQ10のエネルギー生成力を高める働きは、精子の運動力を高めることにつながります。またコエンザイムQ10は、精巣の酸化を防ぐ抗酸化作用があることもわかっております。

         ・コエンザイムQ10が精子の働きに与える影響 臨床試験

精子の運動性が悪い人22名を対象に6ヶ月間コエンザイムQ10を200mg摂取してもらいあたえる影響を調べました。
その結果、精子の濃度に向上がみられ、また精子の運動性の向上も確認できました。精液内のコエンザイムQ10の濃度との相関関係も認められました。
コエンザイムQ10は歯周病の助けになる

改善にコエンザイムQ10のエネルギー生成力が必要になる

アメリカ歯科協会によると、アメリカ人のおよそ87%が歯周病を患っていると報告されています。これらの原因にコエンザイムQ10の量が関係していると考えられています。
歯周病の患者の歯茎組織の60%〜96%がコエンザイムQ10の不足を示した研究があります。

コエンザイムQ10の細胞・組織の強化は歯茎を丈夫にすることにつながり、歯周病の治癒の際に必要な大量のエネルギー生産にもコエンザイムQ10が必要です。

コエンザイムと歯周病の関係
コエンザイム 運動機能向上にイアン・ソープも利用している

コエンザイムは筋力アップにつながり、疲れにくくなる

アスリート達が運動機能向上のためにコエンザイムQ10を摂取している人が多いそうです。
コエンザイムQ10には、筋力アップの働き、運動による筋肉細胞破壊を抑制する働きがあります。このことにより疲れにくくなり、長い間トレーニングができるようになると考えられます。

運動時に大量発生する活性酸素から身を守る

運動をする人で若くして死んでしまう人がいます。運動時には大量の活性酸素が発生するため、知らず知らずのうちに心臓や脳の血管の老化が進み心筋梗塞や脳梗塞を招いてしまう可能性があります。このような場合でもコエンザイムQ10が体内に十分にあれば、運動時の活性酸素からも身を守ることができるわけです

コエンザイム合成量と筋肉の量は比例する

コエンザイムQ10は体内で生産可能ですが、その量は筋肉の量に比例します。特に激しい運動が必要ではなく、就寝前に軽い運動をするだけでも、成長ホルモンの分泌を促し、十分な睡眠を得ることで筋肉を育てそのことが体内のコエンザイムQ10の量のアップにもつながるわけです。

線維筋痛症に効くコエンザイム

線維筋痛症という病気があります。線維筋痛症は症状として筋肉痛、その他に、疲労、抑うつ、不眠などの症状をともないます。線維筋痛症は原因がわかっておらず、検査でも異常が見つからないため、自律神経失調症など心因性のものと診断されやすいです。
線維筋痛症の患者にコエンザイムQ10とイチョウ葉エキスを各200mgを84日間投与した所、患者の64%に効果が認められました。コエンザイムの筋肉機能向上の働きとイチョウ葉エキスの血管機能向上が働いたためと考えられます。

コエンザイムQ10の摂取目安量
      ・コエンザイムQ10が運動機能にあたえる影響 臨床試験

フィンランドの研究者がおこなった実験で、クロスカントリースキー選手25名にコエンザイムQ10を1日90mg摂取してもらったところ、身体能力の向上が見られました。
        ・コエンザイムQ10が運動機能にあたえる影響 臨床試験

コエンザイムQ10が肺機能及び運動機能にあたえる影響を調べるために、コエンザイムQ10を1日90mgを8週間経口摂取してもらいました。その結果、嫌気的運動ステージ中(低酸素状態)の乳酸生成は減少し、運動動作は上昇するなど、筋肉エネルギー代謝に好ましい作用をすることがわかりました。

コエンザイムの摂取目安量は健康な人で1日30mg

健康な人で1日30mg 欧米での一般的な摂取量は1日100mg〜300mgです。
病気の症状の改善で摂取量が変わってきて
スポーツをする人で100mg、歯周病対策に100〜150mg 高血圧症の人には150〜200mg 心臓病対策に約300mgです

コエンザイムの摂取タイミングは食後

コエンザイムQ10は水に溶けず、油に溶けやすい性質がありますので、食後に摂取すると食事の油と一緒に溶けやすいです。

中高年のほうが効果が実感しやすい

コエンザイムQ10は20代をピークに減少していきます。そのためコエンザイムQ10を摂取して効果を実感しやすいのは、コエンザイムQ10が不足する中高年が多いようです。また、効果を実感するまで長期間摂取することが必要で、特に心不全の症状の改善には2週間〜8週間の摂取が必要になってきます。

コエンザイムと相性のよいもの

ダイエット目的として利用するなら、糖を効率良くエネルギーに変える「アルファ・リポ酸」、脂肪を効率よくエネルギーに変える「カルニチン」(コエンザイムQ10その二つに働きかける仕上げ役)との摂取が相性がよいです。また、ビタミンEの抗酸化作用を助ける働き、そしてビタミンB6の免疫増強作用を補強する働きがあります。

コエンザイムQ10の副作用について

安全性は高いが問題提起もされている

コエンザイムQ10は体内で合成される物質です。また医薬品として30年の歴史がありますが、深刻な副作用は報告されていません。このことより、安全性は高いといえます。しかし、過剰摂取は害を及ぼす可能性があります。また、「過剰に摂ると有害になることがある」と東京新聞で報告されています。このことについては非営利団体「日本コエンザイムQ協会」が反論を示しています。反論の様子はこちらからどうそ

                     副作用の研究報告

コエンザイムとパーキンソン病の関係を調べた研究で1日1200mgを16ヶ月服用しましたが、深刻な副作用の報告は一切認められなかったです。(C.W.Shults et al, Arch Neurol.(2002) 59:1541-1550)

ラット体重1kgに対して1.2kgのコエンザイムQ10を52週間投与した実験では副作用は見られせんでした。(K.D.Williams et al, J.Agric.Food Chem.(1999) 47:3756-3763).

現在地:TOP>成分名から効用を知りたい>コエンザイム詳細情報2

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

7月末開設予定

抗がん作用
免疫機能向上
抗酸化作用
エネルギー生成
心臓病予防
ダイエット効果
シワを浅くする
男性が原因の不妊症の改善
歯周病予防
運動機能向上
摂取目安量
副作用について