ヒアルロン酸の詳細な情報

現在地:TOP>成分名から効用を知りたい>ヒアルロン酸商品の紹介>ヒアルロン酸の詳細

メインメニュー TOP サプリメントの基礎 最新情報 特集 リンク 掲示板 
          症状別からサプリメントを探す 成分名から効用を知りたい 

初めてお越しくださって方へ 
ご意見、お問合せ先 
サイトマップ

ヒアルロン酸詳細 目次
メインメニューロゴ
掲示板へのリンクボタン
「リンク」のリンクボタン
「特集」へのリンクボタン
成分別から効用を知りたいリンクボタン
「症状別からサプリメントを探す」へのリンクボタン
「健康最新情報」へのリンクボタン
「サプリメントの基礎」のリンクボタン
TOPへのリンクボタン
体に不可欠なものであってもせっしゅしづらい

ヒアルロン酸の歴史

ヒアルロン酸とは、1934年にKarl Mayer博士が、 牛の眼の硝子体から新しいグリコサミノグリカン(ムコ多糖)を単離する方法を発見した際に、 HIALOID(硝子体)とURONIC ACID(ウロン酸)から、HIALURONIC ACID(ヒアルロン酸)と 命名した事が、 はじまりです。その後の研究で、人間の皮膚、関節、目、脳など様々な部位に存在している事や、体内で保水という重要な働きをしているという事がわかってきました。

数年前までは美容や外傷薬、関節炎の治療薬として、添付や注射での利用がほとんどで、食品として開発されたのは最近のことです。

細胞と細胞の潤滑油

ヒアルロン酸そのものは栄養素ではなく、毛細血管から全身の細胞に栄養素や、酸素を運ぶ決定的な役割をしています。ヒアルロン酸は、「コンドロイチン硫酸」と並んで「ムコ多糖」を代表する成分です。ムコ多糖とは体内の細胞と細胞をつなげて働きを円滑にする潤滑油のようなものですまた、細胞構築のための不可欠な存在であると同時に、全身の組織に潤いと弾力性を与え、体内保有水分の減少から生ずる老化を防止するといわれています。

あらゆる栄養が水分に溶けて吸収され、老廃物が排泄される、いわば人体にとって水は生命線であり、その維持管理を行うヒアルロン酸は人体にとって大変重要な成分であり、生体関連成分なのです。

食事から摂るのは難しい

ヒアルロン酸は脊椎動物のみにしかない物質です。
植物や甲殻類、昆虫などにはありません。しかも熱に弱いという特徴があります。ヒアルロン酸は、鶏のとさかやフカヒレなどに多く含まれていますが、私たちの食生活でそれらを食べる機会はなかなか無いので、食事からとるのは大変難しいということになります

生産難度が高い

・ヒアルロン酸は、にわとりのトサカ等に存在していますが、大変熱に弱く40℃位 で殺菌しないと破壊されてしまいます。低温殺菌はとても難しい技術を要します。ま た、ヒアルロン酸は高分子の為、一般的には吸収されにくいのです。.

ヒアルロン酸はなくなりやすい

ヒアルロン酸の保有量は、胎児のときが最も多く、誕生とともに減り続け、成人以降、4分の1までに減少するといわれています。体にとってそれほど重要な成分が、なぜ減っていくのかについては分かっていませんが、その理由はいくつか考えられています。

一つにはヒアルロン酸の代謝が非常に早いことがあげられます。体の中でのコラーゲンの半減期(10生体にあるものが5、つまり半分になくなるまでの期間)が、約半年に対して、ヒアルロン酸は約2週間と言われています。つまり取っても、取ってもすぐなくなるのです。

1.どういったものか
体に不可欠な成分で摂取しづらく、不足しやすい

2.効能のメカニズム1
関節のクッションになり関節痛を改善

3.効能のメカニズム2
驚異的な保水力が美肌を作る
目やがん予防などさまざな症状を改善

4.臨床試験など科学的データ
低分子ヒアルロン酸の肌への実験
5.安全性、利用の際に注意すること
6.選ぶうえでのポイント
低分子がいいのが当たり前?
7.摂取するうえでのポイント

アクセスアップ・SEO対策

現在地:TOP>成分名から効用を知りたい>ヒアルロン酸商品の紹介>ヒアルロン酸の詳細

2.効能のメカニズムへ
どういったものか